留学先のレッスン内容と独特の雰囲気

海外留学をすれば自分の英語力が伸びるだろうと期待する一方、どのような授業が行われるのか不安に思っている学生は多いです。
海外の語学学校では、通常、学期の始まる前にクラス分けのテストが行われます。

学校によってレベルは様々ですが、ABCを習うところから、ハイレベルの内容をディスカッションするクラスまで何段階かに分かれています。

留学といえばこちらです。

語学学校はESLと呼ばれていて、大学に併設されていたり、単独で運営されている学校があります。

大学併設の場合は、主に大学の留学生向けで、大学の授業についていけるレベルまで英語力を引き上げることが目的です。


日本人留学生はこのような大学が主催しているESLに入ることが多いです。



その後、その大学に入学するというパターンもあります。

授業はもちろんすべて英語で行われます。先生は日本語が話せない、分からないことがほとんどなので、絶対に英語を使ってコミュニケーションを取らなければいけないというプレッシャーから、必然的に英会話力は伸びていきます。日本の学校のように、先生が一方的に説明して板書をするという形式の授業はあまりなく、生徒も自由に発言しながら参加できるタイプの授業です。


日本人は比較的消極的な人が多いので、ディスカッションのレッスンだと控えめになってしまう傾向にありますが、授業の時間だけは勇気を出して発言するように心がけるのが大切です。

周りの生徒がいっぱい喋っているように聞こえても、実際には文法が間違っているということは良くあります。

Girls Channelに関するサポートサイトはここです。

間違ってもいいから喋ることが上達の秘訣です。